Fitness

GSA Fitness

今年の夏より、GSAフィットネスの新しいプログラムを開講します!
毎週異なるメニューを提供しながら、スピードスキル、足の動き、体重配分、上半身の動き、そして手足のコーディネーションにフォーカスして全身を鍛えていきます。
ゲーム感覚で楽しく運動できるフィットネスアクティビティをぜひ体験してみてください!

第1週: Speed Vol.1
期間: 7月19日〜7月22日
会場: 元麻布校、立川校

スピードは重要な運動能力のひとつです。体を素早く動かす能力は、健康的な体づくりに欠かせません。スピードスキルを高めることは、様々なスポーツのパフォーマンス向上に役立ちます。

Speed Volume 1では、以下のコアスキルの強化を目指します:

つま先立ちジャンプ
ランニングはジャンプ力とスピードが肝心です。つま先立ちで素早くジャンプするスキルを鍛えることで、スプリントのスピードアップを目指します。レッスン1日目では、スプリントのスピードとタイミングを鍛えるリアクションゲームに挑戦します。

腕振り
スピードを上げるには、足の速さだけでなく、全身の体重配分が重要です。レッスン2日目では、腕をダイナミックに振る動作を練習しながら、腕の動きがランニングのスピードにどう影響するのかについて学びます。

ストライド
ストライド(歩幅)を広げる方法について学びます。歩幅を広げるには、膝の上げ方が重要です。膝を胸まで上げれば上げるほど、歩幅は長くなります。仲間と一緒に楽しいゲームに挑戦しながら、前回習得した基本的な動作をおさらいします。

ピッチ
 最後に、これまでに習得した動きを応用しながら、正しいランニングフォームとスムーズな手足の動作を練習します。更に、クラスメイトと楽しいゲームやテストに挑戦しながら、これまでのおさらいをします。

第2週: Strength Vol.1
期間: 7月25日〜7月29日
会場: 元麻布校、立川校

体の筋肉を鍛えることは健康的な体づくりに欠かせません。効果的な筋肉トレーニングは、健康的な体をつくり、スポーツのパフォーマンスを向上します。ストレングスプログラムでは、全身の筋肉トレーニングを中心に、身体の主な筋肉群について学びながらプロアスリートのトレーニング方法を用いてそれぞれの筋肉群を鍛えていきます。更に、筋肉トレーニングが身体だけでなく心の健康やメンタルヘルスに及ぼす影響について学びます。

Strength Volume 1 では、以下のコアスキルの強化を目指します:

上半身の筋肉強化
上半身の筋肉トレーニングと聞くと、太く鍛えられた上腕二頭筋や三角筋を想像されるかもしれません。しかし、複数の児童発達学の研究によると、上半身の筋肉トレーニングを行なったり上半身の筋肉をたくさん使うスポーツに参加するお子様は、書字能力、反射神経、運動能力、微細運動能力、自己啓発などに優れていることが分かっています。さらに、上半身を鍛えることは、心臓の周りの筋肉や首を支える筋肉を強化し、姿勢の改善や、空間認識能力の向上にも繋がります。

引く力の強化
「押す」と「引く」を含む筋肉トレーニングでシンプル且つ効果的に筋肉を鍛えることができます。引く力を鍛えることで、身体の抵抗力や柔軟性を高め、姿勢の改善、そして筋力バランスを整えることができます。このレッスンでは、正しいフォームを維持しながら引く力を鍛えるトレーニングを行います。

押す力の強化
腕立て伏せは上半身全体の広範囲を鍛えることができるため、アスリートの中でも最も一般的で人気のある筋肉トレーニング方法の1つです。押す力を鍛えることは、体幹バランスや体力向上にも繋がります。このレッスンでは、押す力を強化するエクササイズを行い、自分の体重を負荷にして腕立て伏せに挑戦します!

腹筋トレーニング
筋力を高めるには、体幹、つまり腹部の強化が肝心です。腕の筋肉だけ鍛えれば十分だろうと思われるかもしれませんが、本当に強くなるためには、体幹が重要な役割を果たします。このレッスンでは、体幹力と体幹バランスを鍛えるトレーニングに挑戦します。

第3週: Coordination Vol.1
期間: 8月1日〜8月5日
会場: 元麻布校、立川校

幼少期にコーディネーション能力を鍛えることは、運動能力の向上のみならず、問題解決力、批判的思考力、分析力の強化に繋がることをご存知ですか?コーディネーションプログラムでは、反応能力、リズムとタイミング、合図と動きの連動など、コーディネーション能力を総合的に鍛えていきます。

Coordination Volume 1では、以下のコアスキルの強化を目指します:

ボール運動で手と目のコーディネーション能力を鍛える
ゲームで遊んだり勉強をしたりなど、様々な場面でコーディネーション能力は非常に重要です。手と目のコーディネーションとは、目から入ってきた情報を元に手を連動させるといった能力のことです。スポーツから日常生活まで、あらゆるタイプのコーディネーション動作に役立つ、手と目のコーディネーション能力を高めるためのボール運動を行います。

投球動作でバイラテラルコーディネーションを鍛えよう
バイラテラルコーディネーション(両側協応)とは、体の右側と左側を協調的に動かす能力のことです。身体両側の協応を意識して投球動作の練習をします。

反応能力とタイミング能力
手と目の協応、両側協応や、分析力を鍛える上で反応能力とタイミング能力は非常に重要です。このレッスンでは、色を使った動作チャレンジ・キャッチボールゲームを楽しみながら反応能力とタイミング能力を鍛えます。

バランス感覚とリズム感
バランス感覚とリズム感もコーディネーション能力を高める要素のひとつです。幼少期にバランス感覚を鍛えることで、身体感覚や空間認識能力を向上させ、身体のコントロール能力を高めます。さらに、リズムに合わせて動く練習を行うことで、自己調整能力を鍛えます。

第4週: Yoga Vol.1
期間: 8月15日〜8月19日
会場: 立川校

ヨガは体、心、意識のバランスを整えます。幼少期にヨガを始めることで、心身ともに健康になるだけでなく、運動能力の向上にも繋がります。また、不安の解消、感情のコントロール、自尊心の向上、身体への意識の向上、集中力と記憶力の強化、しつけの定着、衝動の抑制など、ヨガは精神面においても多くの良い効果をもたらします。ヨガプログラムでは、楽しいゲーム、呼吸法や、様々なヨガポーズに挑戦しながら、毎日ヨガをすることで得られる効果について考え学びます

Yoga Volume 1では、以下のコアスキルの強化を目指します:

マインドフルネスを実践しよう
呼吸に集中して今感じていることに意識を向けるマインドフルネストレーニングを実践することで、感情コントロール、自制心や、集中力を鍛えることができます。このレッスンでは、呼吸を意識しながら動物のポーズに挑戦しながら、楽しくマインドフルネスを体験することができます。

ストレスマネジメントと集中力を鍛えよう
ヨガは運動として身体に良いだけでなく、ストレスや不安の解消にも効果的です。ヨガは子供のアクティブな脳をリラックスさせ、集中力や心身のバランスを高めます。このレッスンでは、ストレス解消に効果的なヨガポーズに挑戦しながら、作文、ストリーテリングや自画像デッサンなどのアクティビティを通して自己表現のための成長マインドセットを身に付けます。

心を落ち着かせ自信を高めるエクササイズ
ヨガは身体意識、柔軟性、スタミナ、体力向上に効果的です。流れるように様々なヨガポーズをとっていくヨガフローでは、ひとつひとつのポーズに取り組みながらヨガフローを完成させることで、子供たちは達成感や充実感を得ることができます。ヨガに失敗という概念はありません。難しいヨガポーズを練習する中で、人生を生き抜く上で重要な精神力を鍛えることができます。このレッスンでは、ブレスブレイクと呼ばれる呼吸法や、不安やストレスを感じたときに役立つ呼吸法について学びます。

自己表現をしよう!
ヨガをすることで自己表現力を鍛えることができます。動物のポーズ、顔の筋トレエクササイズ(変顔も歓迎します!)、ダンスブレイクに挑戦して体を動かしましょう!

元麻布校

  • 期間: 7月19日〜8月5日
  • 対象年齢: 小学校1〜6年生
  • 授業時間: 9:00~15:30
  • 会場: 西町インターナショナルスクール

立川校

  • 期間: 7月19日〜8月19日
  • 対象年齢: 小学校1〜6年生
  • 授業時間: 9:00~15:30・9:00~18:30
  • 会場: Global Step Academy International School立川校